18~20センチ

昔から常日頃、私がサークル仲間に云われ続けていますのが、「無駄」「鈍器」「質量弾」。

ひと昔前は結構大きめスケールが流行っていた時期もありましたので、あまり違和感を感じませんでしたが、近年は小さめ&華奢なスタイルの造形をされる方が多くなってきましたので、少しボリュームダウンした方がイイのかなぁ?と思えて来ました。
(今度の雪華もデカい・・のかな?)

ただデカいと云っても、一般的なソフビ完成品と比較してベラボーに差がある訳ではありませんが、代表曰く「等身差によるボリューム感」に問題あるそうで。

基本的にコドモ体型が好みの私、いつも5~6等身位で製作しますので、自然と頭もデッカクなります。
対して代表&FNB氏は7~8等身の細身な作り。並べると・・・な感じに(*^_^*)
(その為になかなかメンバーでの競作やシリーズ展開が出来ませんでした)

「このアイテムでこの作りなら~」と経費度外視の価格設定も色々マズい様で、WF会場にて「このサイズだとチョット安過ぎませんか・・?」と、いわく付き物件の様に見られた事もありました(T_T)

確かにデカいだけで作り込んだ見所が少ないのでは、粗ばかり目に付き只でさえ少ない魅力が・・・マイナスに!?(T_T)
やはり力量に合わせたスケールチョイスは大切な様です・・・

来年はギュッと魅力が詰まった作品を目指して、久々に今までに購入したキットを開封して勉強してみようとおもいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR