マルシル塗装・肌色編

まずはフィギュアの命・肌色塗装からスタート!
(ハンドピース操作に自信が無い方は杖パーツから始めて頂く事をオススメします)

最大の山場となる顔は、塗り終えるとホッとするのと同時に、(可愛く塗れると)テンションUPで他の部位も凝った塗装をする気が起きてくる特典(*´∀`*)がある為、私は毎回必ず肌色&顔から塗り始めております。

肌色⑨
最初に瞳をMr.マスキングゾル改でマスキング
塗り易い様にスペアボトルに移し替え、面相筆で塗っております

マスキングゾルにも色々種類がありますが、乾燥後も水溶性で溶け落ちてくれるコレを愛用しております。
(塗装後、奥まった所にこびり付いたゾルを洗い落としたり)
コツとしては「絶対に境目ギリギリまで塗らない」に限ります。
塗装後ゾルを剥がす際、キワの肌色がゾルにくっついて剥がれる危険がある為です。

ゾルが乾燥したらいよいよ塗装開始。
私でも"それっぽく"サフレス塗装が可能なw、頼もしい超絶便利なガイアカラー
59・サフレスフレッシュピンク
60・サフレスフレッシュオレンジ
…の2色とクリアーを使います。
(クリアーはMr.カラースーパークリアーⅢを使用してます)

肌色①
先ずオレンジを凹んだ部分に細吹きます
(1~2mm位の太さの線を描ける程に絞っております)
多少ハミ出ても色が薄いので大丈夫

肌色②
慣れない方は、初手は首筋等の完成後に目立たない部位を選ぶのが無難かと

肌色③
続いて全体にフワッと色を乗せます
"塗る"と云うより"ミストを乗せる"感じで、少しづつ&色んな角度から吹いていきます
手元ライトで真っ黄色に見えても、部屋の明かりでは殆ど色が乗ってないレベル(ほぼ真っ白)

肌色④
続いて先程と同様にピンクを凹んだ部分に吹き重ねます
オレンジと異なり、色が濃いので慎重に進めていきます

肌色⑤
同様に全体にフワッと乗せます
あっという間に肌色っぽくなり、吹き過ぎると酔っぱらいorエロ漫画チックになりますのでご用心w
写真では顔がかなりピンクに見えますが、現物は殆ど赤みを感じないレベルです

慣れない内はちょっとずつオレンジ→ピンク→オレンジ…と交互に乗せて様子を見つつ、好みの濃さでストップするのがお勧め。
(私もサフレス塗装を始めた当初はこの方法でした)
ちなみに最後はピンクで終わらせる方が女のコっぽい仕上がりに。ピンクからスタートすると色っぽさが上がる気がします。

肌色⑦
細吹き時はこれ位の超近距離

肌色⑧
全体に吹く時はこれ位は離して吹いてます

とにかく1パーツづつ仕上げようとしないのと、確認しながら少しづつ重ねていくのがキモかと。
(あんまり塗り重ねると透明感が失せてサフレスの意味が無くなります…(^_^;))

肌色⑥
乾燥後、マスキングゾルを剥がし、白目部分に乗った余分な色を僅かに薄め液を含ませた面相筆で落とします。
あまり筆に溶液を含ませないのがコツ。垂れると…Σ(゚д゚lll)

後は色剥げ防止の表面コートとしてクリアーを吹き重ね、念のため丸一日乾燥。
特に顔は後ほど瞳や眉を描き込む際の必需品。コートしないと描いたり消したり出来ません(;´Д`)
あと、薄めのクリアーは一気に大量に吹くと塗った色が溶けちゃうのでご注意をば。
(後ほど別の箇所でこれを利用しますが)

お疲れ様でした~次回は顔の描き込みとなりますm(_ _)m 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR