かなり雑です

さぁ始まりました一番苦手な粘土埋め…の際のパーツ配置。
下手をすると安くないシリコーン&貴重な時間をドブに捨てる事になるので、ある意味原型よりも難しいかったり。
そんな苦手作業、毎回こんな手順でやり過ごしております(;´Д`)

粘土埋め①
まずは洞窟随一の頭脳派の代表に「こんな風に埋めればO.K.」な角度&パーツ割りをご教授頂きます(初手から他力本願)

粘土埋め③
近年愛用しておりますのがポリエチレン製まな板
型のクランプ時もキャストがペロリと剥がれて便利

これにコンビニ等で貰えるビニール袋を被せ、粘土埋め完了後に剥がし易くします。

粘土埋め②
指定のパーツ割りを参考に並べ、ブロック枠のサイズを決めます
(型のサイズ上、ここで若干の配置変更もあり)

粘土埋め④
愛用の「Mr.クレイ2」(クレオス製)をピッチリ敷き詰めた後、湯口となる乾電池(単4or3)とプラ棒(5mm)を埋めます
電池はサビたり液漏れするまで使い続けたり(^_^;)

粘土埋め⑤
後は隙間がない様に埋めるだけ
ちなみに埋めた後、裏側から明かりに透かして穴がないかを確認してます(でもしばしば漏れてる)

最近粘土をレンチンするという荒技を知りビックリ!
粘土を揉みほぐすのは地味にメンド臭い作業なので、いずれレンジ新調の折、お古を使って試してみようかと(´ω`)

ちなみに今夜にはチルチャックが複製作業に入れそう。
マルシルはまだ埋め立て工事の真っ最中…うねった杖がメッチャめんどいったらありゃしない!w


ハクミコ&ダンジョン飯、共に無事版権許諾頂けました!
立体ファンレターwとして、版元様に恥ずかしくないサンプルを目指したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR