台座への固定

過去にWF会場にて、撮影直前に作品をバラバラにしてしまい(゜o゜)!?、撮影室の空気を凍らせた経験がありまして…(^_^;)

幸いにも致命傷は避けられましたので、無事、雑誌に掲載して頂けたもののショックは大きく、以降、台座を含め全パーツを完全固定する様になりました。

メンド臭いけどALL真鍮線&エポキシ接着剤接合にして、硬化後は台座ごと逆さにしてもビクともしない様にしました。
…版元様にサンプル送付する際もこれで安心(-。-)y-フゥ

台座1
メインの線は確実に重心を捉えられる、軸足の土踏まず~足首のあたりを狙って穴を開口します(写真右側)

台座2
ダ●ソー等で売ってる、¥100コースターを愛用(*^_^*)
適度なサイズなので、棚に作品をたくさん並べられます
(最近のプライズ系フィギュアは台座がデカ過ぎ~!)

台座3
狙った位置にギュッと押し付け、残った傷をガイドに穴を開けます

台座4
作品がクルッと回ってしまわない様に、添え足にもつま先に軸を打ちます(貫通させない様にご注意!)

台座5
正面からはほとんど見えない…はず(^_^;)

台座6
土踏まずなので、スキマからちょっぴり見えちゃいますが、確実に真ん中で支えられます

真鍮線は台座の厚みギリギリの長さで、完全に貫通してます。
(後で台座の裏に木工用ボンドでフェルトを貼ると綺麗&滑らか)

イベントにディーラー参加する折の、運搬時の事故予防も含めての措置なので、自室で楽しむだけでしたら、ちょこっと瞬着を線に絡めて太らせる程度で十分かと思います。

…いや~あの時は我ながらドッ引きでした。真っ青。
撮影中のカメラマンの方もバッと振り向き、しばし固まり「やっちゃった感」を無言で放出されてましたね(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR