スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなカンジで作ってます③

模型小屋への西日が強く、なかなか冷房も効かなかったり。
やっぱり細かい作業に没頭するには夜に限りますね~(*^_^*)

今回は塗料の食いつきUPの為の下地剤(兼サーフェイサー)の、プライマー&クリアーからスタートです。
まずは各パーツに持ち手となる真鍮線を差します。

保持しておく台ですが、便利な専用品も各メーカーから発売されていますが、私はいつも粘土を愛用してます。
テキトーにブスブス刺すだけで胴体等の重量のあるパーツもしっかり保持してくれ、ゴミも出ないし再利用も可能。

製作28
銘柄は型取りにも兼用できます、クレオス製「Mr.クレイ2」
穴だらけになったら揉んで修復。キチンと密閉して保管するのが長持ちのコツかと

…で、塗料のノリUPとマスキング時の塗料剥がれ防止の為、プライマーを吹きます。

製作29
愛用してますのはガイアノーツ製「ガイアマルチプライマー」
かなり強力みたいで、乾燥すると薄い膜状になります

完全乾燥後も表面がベタベタした感触になるので(コレが効くのかと)、更に上からクリアーでコートして下地準備は完了です。
(そのままですとホコリが付着しやすいですし)
ちなみにクリアーはMr.カラーGX100 スーパークリアーⅢを愛用してます。ツヤが凄い!

次はいよいよ本塗装、最も気を使うけど一番楽しい肌色をば。

…おっと、その前に目&パンツをマスキングしておきます。
目はゾルをスペアボトルに移し替え、面相筆で塗ってます。
(パンツにはマスキングテープを貼ってます)

製作31
キワまで塗らず、モールドより一回り内側までにしておくのがコツ
(クリアー塗料は硬いので、マスクを剥がした際にフチの塗料がパリパリと剥がれる為)

では肌色塗装に入ります。

使いますのは、ガイアノーツの「サフレスフレッシュオレンジ」と「サフレスフレッシュピンク」。
調色ナシでオレンジとピンクを交互に塗り重ねるだけで、手軽にそれっぽい感じに仕上がってくれます。

最初はオレンジからスタート。
(ピンクからスタートすると、ちょっとエロっぽい色合いになります(*^。^*))

製作32
製作33
最初にひかがみ(膝の裏)の筋など、影となる部分を塗ります

対象部に対して垂直に吹き付けないのがコツかと。
パーツに対して吹き付ける角度を浅くして、水平気味にすると欲しい部分だけに着色してくれます。

製作34
製作35
影の部分を塗ったら、今度は全体的に塗ります
様子を見ながら遠目から吹き付け、少しずつ色を重ねていきます
とにかく、いっぺんに濃くしない事がサフレス塗装のキモです

ここまで塗ったら次のパーツに交替、各パーツで濃さがバラバラにならない様にしてきいます。

あと、パーツ交換時等、間をおいてハンドピースを使う際は、最初のひと吹きは「絶対に」パーツに吹かない事をオススメします。
噴出口に溜まった塗料がブベッと一度に飛び散る危険大です!

製作36
顔だとこんなカンジに、口元の表情を塗装で強調します

製作37
足よりも若干薄めで止めておくのが宜しいかと思われます
(大きい部品と同じ調子で塗ると、顔だけ濃く見えます)

同様に全肌色パーツを塗ったら、今度はピンクにチェンジ。
私は色を変える際、色落ちが早いツールクリーナーでうがいしてます(^_^;)(塗料と混ざらぬ様ご注意!)

製作38
勿論、1回で捨てちゃうのは勿体ないので、"ご●んですよ"の空きビンで保管(*^。^*)便利❤
透明度が無くなって来たら、筆や皿等の洗浄に回します。

製作39
製作40
同様にピンクも影の部分から塗って…

製作41
製作42
全体にフワッと乗せていきます

写真を観てお判りかと思いますが、ピンクは劇的に色合いが変化しますので、ちょっとずつちょっとずつ、パーツをとっかえひっかえしながら塗ります。
塗り過ぎるともう後には戻れないので…慎重に。
(その場合はツールクリーナーにドボン。一からやり直しとなります…<(`^´)>)

製作43
顔もオレンジと同様に塗ります…控えめに

製作44
顔にピンクを吹き過ぎると、酔っ払ったみたいになりますのでご注意を(^_^;)

あとはこの調子でお好みの濃さ&色合いになるまで、オレンジで黄色味を、ピンクで赤味を加える様に交互に吹き付ければ完成。
最後はピンクで終わらせる方が女の子っぽく仕上がると思います。

製作45
最後にクリアーを吹き付けて塗膜をセーブ

ここでクリアーを一度に大量に吹くと、折角のグラデーションが溶け出して台無しに…(゜o゜)!!
焦らずにしっかりと塗り重ねたら、あとはじっくり乾燥させます。


製作30
"引きながら押す"が苦手な私はずっとシングルエアブラシを愛用
洗浄がラクチンなのもお気に入りです(*^_^*)

製作46
慣れないうちは字を書いてみて、本番前に塗料の当たり具合&距離感を確認するのがイイかも知れません

次回は人形の命、顔を描き込んでみます。
毎回ここが終わると、やり遂げた漢の顔になれます(*^。^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。