作り3:塗り7

以前フィギュアは、作り(原型の出来栄え)が良ければ、塗装はそれなりでもイケてる仕上がりになると思っておりました私。

…が、イベント会場でひと目ボレ&キット購入しますと、中には「コレが会場で観たあの●●!?」と驚く様な作品に出会う事も幾度か体験する事に。

一夜明け、"美女がジミに…"位ならまだしも、中には"ヒゲが生えてる!?"レベルのショッキングなモノもあったり(*^_^*)
(芸人さんを美男美女に変貌させるTV番組を彷彿とさせます)

塗装した人によって、キットが全く違うモノかと見まごうばがりになるのはかなりの驚きです(゜o゜)凄い!

フィギュアは現実と違って、元の出来栄えなど"メイク"次第でなんとでもなる(美形がブサイクにも!)のを実感、造形と同じ、もしくはそれ以上の比重で大切なのが判ります。

そこで、塗装でどれだけ違ってくるのかを「むろみさんといえちー」で試しておりますが、やはり最後の仕上げたる塗装、ジックリと時間を掛けねばダメなんだなぁ…とつくづく実感。

腰を据えて取り掛かると、"ウデがあるから""センスがあるから"ではなく、ちょこっとずつ試行錯誤で考えながら塗るからこそ、キレイな仕上がりになっていくのが判りますね~(^_^;)

造形・塗装どちらもバランス良く修練していく事が上達への早道だと、今更ながら痛感しつつ、只今チョコチョコと塗装を楽しんでおりまする(^。^)
(時間に追われていると楽しめませんしね)


あとはいかに新作に活かせるか…ですが、これはまた別の問題が待っている気が致します(T_T) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR