濃いか薄いか

いつもフィギュア製作時に頭~胴体が出来た時点で、一度メンバーや友人に原型を見てもらう事が多いのですが、昔からまず開口一番に云われるのが、「顔が濃い(クドい)ね」。

手や体と同じく、顔にも肉感的な表現(表情とは別に)があった方が、模型(3D)ならではの面白みがあると思うのですが、下手の高望みの為、どうしても只の凹凸が激しいだけのモノに。
イベント会場にて「可愛くない」という致命的な言葉も…!(T_T)

いつもは(顔を含めた)ポーズを思い付いてから作り始めるのですが、秀吉と雪華は極力元絵に似せ(ようとし)た顔(頭)を作ってから、妄想モードに入りました。
(正直、この方法はあまり楽しくありませんね~)

…が、表情がカタいので、どうしてもポーズも相応の味気無いものになってしまい…至極反省。
(塗装での描き込みを想定しながら作ったので、ツルツルの味気ない顔立ちでした)

そこで今回むろみさん&いえちーは肉感的表現はナシだけど、瞳を入れてない原型状態でも雰囲気を掴めるモノを目指してみました。

初の2体セット&むろみさんの下半身がアレな為(*^_^*)、スタンダードなおとなしいポーズですが、なんとか自然な感じになりそうです。…なってくれるとイイなぁ…


ちなみに前2作の鬱憤が溜まってか、イベント直後に作った"虫歯ちゃん(仮)"は、鼻が無いのに肉感的な顔立ち。
もはや脊髄反射的造形です(*^_^*)
その為か代表からボツが…まだまだ修行が必要ですね~(T_T)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR