2018-03-15(Thu)

要くんとけつ顔衆 その3

さてさて、あとはズラリと並んだけつ顔衆を残すのみとなりました。
一度に進めるも良し、一体ずつチョコチョコ作るも良し、お好みで楽しんで下さいm(_ _)m

<使用カラーレシピ>
Mr.カラー…02ブラック、08シルバー42マホガニー、117RLM76ライトブルー、326ブルーFS15044、クリアー&ツヤ消しクリアー

ガイアカラー…034純色マゼンタ

バーチャロンカラー…01ウォームホワイト、03ビビッドオレンジ、17ストームパープルピンク、20ストームブラックブルー、29萌葱ライトグリーン、35セルリアンブルー

モデルカステンカラー…C-11サフレスフレッシュ・リアルカラー、C-12粘膜カラー

タミヤエナメルカラー…X-1ブラックとXF-9ハルレッドを一瓶ずつ混ぜた色

今回使用しましたバーチャロンカラー、ずいぶん前に購入しました品でして現在は店頭に無いモノもあるかも知れません。
大体の目安として参考にして頂けたならば幸いですm(_ _)m
(アクリルガッシュ等で気軽に筆塗りで楽しんで頂くのもよろしいかと)

要制作41
まずは肌の部分となる部位にマスキングゾルを塗ります
(スズシロを除く)

要制作42
勿論、丁寧にマスキングテープで作業して頂いても構いません
(たぶんこっちの方が綺麗な仕上がりになるかと…)

要制作43
最初は唯一の褐色肌のスズシロからスタート
他のキャラとは逆に肌以外をマスキングします

要制作44
マホガニーを軽く吹きます
ここで褐色具合が決まりますので、お好みの濃さに調節して下さい

要制作45
サフレスフレッシュ・リアルカラーと粘膜カラーを吹き重ねて色味を加えます

要制作46
マスキングゾルを剥がして…

要制作47
はみ出した部分をうすめ液をちょこっと含ませた面相筆で拭い取ってから、クリアーでコート
クリアーが乾いたらエナメルカラーで目を入れ、乾燥後に再度クリアーで閉じこめました

要制作48
クリアーが乾いたら今度は肌部分をマスキング、髪等を塗装します
髪以外は筆でチョコチョコ塗装、白い部分は無塗装で地の色を活かしました
髪…ストームパープルピンク
リボン…純色マゼンタ
貞操帯…シルバー&ブラック

要制作49
ツヤ消しを吹いてからゾルを剥がして顔を描きます

続いてソヨゴ
要制作50
髪とネクタイをセルリアンブルーで塗装します

要制作51
ネクタイをマスキング、コルセットをウォームホワイトで塗装します
スカート部分の裾の白ライン部分にマスキングテープを貼ります

要制作52
コルセットをマスキングしたらMr.カラー326でスカート/手袋/ニーソを塗装
ツヤ消しを吹いてからマスキングゾルを剥がし、顔を描いて完成です

要制作53
バイブのスイッチは茶色や黄土色系と金色を筆塗りしました

要制作54
スイッチは1mm真鍮線で接続、貞操帯は裏の凹んだ部分を手と合わせて接着して下さい
ベース固定用にスズシロは右足/ソヨゴは左足に1mm真鍮線を差し込む穴を開けて下さい

ウツギはスズシロと逆の方法で服だけ塗装します。
要制作57
髪…RLMライトブルー
衣装…ストームブラックブルー
ベース固定用に左右どちらかの足に1mm真鍮線を差す穴を開けて下さい

要制作55
付属の黒い厚紙にけつ顔と「ひわい」の文字を書き込んで、丸く切り取って下さい

要制作56
2mmプラ棒とはエポキシ接着剤で接着しました

今度はプレーンと緊縛少年の二人です。

まずはプレーンから
要制作58
髪…ウォームホワイト
羽根…セルリアンブルー
頭はツヤ消しを吹いてからゾルを剥がします

今度は緊縛少年
要制作64
あらかじめ頭のてっぺんに3mmの穴を開けて下さい
後にベースと付属の透明プラ棒で接続します

要制作59
髪と学生服…ストームブラックブルーで塗装後、縄をシルバーで筆塗りして赤を塗りやすくします

要制作60
赤系で縄を黄土色系でボタンを筆塗り後、ツヤ消しを吹いたらゾルを剥がして顔を描きます
お好みでほっぺに赤丸を入れて下さい
ほっぺ…ゾルで丸くマスキング後、サフレスフレッシュピンクをちょこっと吹き付け

要制作61
爪楊枝の先で指した箇所に1mm真鍮線を差し込む穴を開けて下さい

要制作62
二体を繋げます真鍮線に赤い木綿糸を巻き付けて縄っぽさを加えます

要制作63
縛ったはしっこだけ瞬着で固定したらクルクルと巻き付けて…

要制作69
最後だけ再び瞬着で固定します

要制作65
3mm透明プラ棒でベースと接続して下さい

要制作66
こんな感じで真鍮線を挿してます

要制作67
プレーンの手元はこんな感じ

要制作68
繋げると要くんの肩あたりの高さになります

次は最後に残った和装の二人、けつ顔墨染と白泉です。

まずは例の如く塗装を済ませます
要制作70
墨染
あらかじめかんざしを刺す箇所に1mmの穴を開けて下さい
髪…ブルーFS15044 
帯…ビビッドオレンジ
髪留めはシルバーの上から黄色系を、かんざしはシルバーとピンク系を筆塗りしました

白泉
髪…白に赤系の色をちょこっと混ぜた薄い桃色
帯…萌葱ライトグリーン
塗装が終わったらツヤ消しを吹きますが、手と足の先には吹かない様にします
(後ほどクリアーを筆で塗り直す方法でもオッケイです)

いよいよ問題の着物柄です。
今回、千代紙をチマチマ貼り付ける…という非常に原始的な方法を取りました。
(勿論、丁寧に塗装で仕上げて頂ければ格段に綺麗な仕上がりになるかと思います)
・お好みの柄の千代紙(紙質がツルツルではない繊維状のもの)
・水で溶いた木工用ボンド
・エポキシ接着剤
…をご用意下さい。

要制作71
細切れにした千代紙をエポキシ接着剤を塗ったパーツに貼り付けた後
上から水で溶いた木工用ボンドを筆で塗り重ねます

要制作72
水分で肩口等の角になる部分も萎れてきますので、爪先やヘラでギュッと押しつけてクセを付けます
溶いた木工用ボンドが硬化するとそのまま固まります

要制作73
手と足の先っぽには綺麗に接着できなかったので、他キャラと同じく素肌としました

要制作74
白泉の左足に1mm真鍮線を差し込む穴を開けて完成です
(墨染はだっこさせるので開けませんでしたがお好みでどうぞ)


大変お疲れ様でした!!
作りづらいキットに根気よくお付き合い頂きましてありがとうございました。
以上で全て完成となります。後はお好みの各種ベースに飾って楽しまれて下さいm(_ _)m

スポンサーサイト
2018-03-15(Thu)

要くんとけつ顔衆 その2

寒さもだいぶ遠のいて来たと思ったら次に攻めて来ますのが花粉症。どちらを向いても皆さん鼻が辛そうです。

そんな感じで私もティッシュ箱を小脇に今回は要くんの胴体(セーラー服)に取り掛かります。

<使用カラーレシピ>
Mr.カラー…326番ブルーFS15044 108番キャラクターレッド
ガイアカラー…037番純色バイオレット

要制作31
写真は肌色塗装前で前後しますが、まずは襟元と袖口の白線部分にマスキングテープを貼ります
(間違えてスカーフ部分にゾル塗ってますがご愛敬で…)

要制作32
お好みの太さにして頂ければ良いですが、今回は0.4mm幅を使用しました

要制作33
首回りとお腹に塗ったマスキングゾルが乾いたらスカーフの赤からスタート
奥まった部分や角から吹き付けます

要制作34
襟元も同様に塗ってこんな感じに
ホントは襟元もマスキングした方が良いのですが「どうせ濃い色塗り重ねちゃうし…」とサボりました(^_^;)

次にいよいよセーラー服本体を塗装します。
通称「スク水カラー」Mr.カラー326番を使用しました。

要制作35
例の如く凹んだ部分から

要制作36

要制作37
スカートや腕も同様に…

要制作38
肌色の時と同じく全体にフワッと少しずつ乗せます

要制作39
単色だと寂しいので純色バイオレットを軽く重ねて色味を加えます
(お好みで青や黒系に振るのも宜しいかと)

要制作40
マスキングを剥がして塗り漏らしをリタッチしたら、全体にクリアーを掛けてセーブ
ある程度色剥げ防止にもなりますので、角になる部分にも丁寧に吹いております
乾燥後、つや消しを吹いて仕上げます

続いてこのキット最大のチャームポイント、けつ顔衆に取り掛かります。
2017-08-01(Tue)

要くんとけつ顔衆 パーツ内容

この度は広いWF会場の中「要くんとけつ顔衆」を発見&お手に取って頂きありがとうございました。

説明書き封入ミスがありましたので、大変申し訳ありませんが代わりにこちらで表記させて頂きます。
万一、パーツ欠品/不良がございましたら、

puni2meronpan☆yahoo.co.jp
(☆を@に代えて下さい)

…までご連絡下さいませ。
よろしくお願い申し上げますm(__)m

パーツ内容
<要くん>
顔、前髪、後ろ髪、胴体、腕(左右)、手(左右)、セーラー服リボン、スカート(前後)、足(左右)

<けつ顔>
墨染…頭、体、かんざし
白泉…頭、体、おさげ×2
ソヨゴ…頭、体、バイブスイッチ
スズシロ…頭、体、おさげ(左右)、貞操帯
ウツギ…頭、体
緊縛…頭、体
プレーン…頭、体、羽根(左右)

<付属品>
・1mm真鍮線…プレーンけつ顔と緊縛少年をつなげるのに使って下さい。赤い木綿糸を巻き付けて頂きますと雰囲気出るかと思います。
(プレーンの手元、緊縛の足元に1mm穴を開けて下さい)

・透明3mmプラ棒…緊縛少年を浮かすのに使って下さい。
(登頂部に3mm穴を開けて下さい。)


・黒画用紙…「ひわいかんばん」として丸く切って2mmプラ棒に貼り付けて下さい
(キット同様、エポキシ系接着剤でシッカリ接着出来ます)

・2mmプラ棒…かんばんの棒としてお好みの長さに切って使って下さい


「男の娘キャラを作りたいなぁ…」と思っておりました折りに出会いました「要」シリーズ。
作画もキャラも魅力的で他シリーズも購読、すっかりヤドクガエル作品のファンになりました所で制作決定!
にぎやかな集合イラスト風を目指してみました。

組み立てづらい箇所が多々あるかと思いますが、楽しんで頂ければ幸いです。
今後、組み立て&塗装tipsをアップ致しますので、宜しかったら参考にされてみて下さいm(__)m
2015-10-13(Tue)

チルチャック塗装・後編

いよいよ最後、メインディッシュの頭に取り掛かります。
今回はちょっと面倒ですが、前髪パーツとの合わせ目を消そうと思いますので、前髪&頭パーツの合わせ目付近にはプライマー・クリアーを吹かずにおきます。
(プライマーが乾燥後膜状になるのでペーパーを掛けると汚くなってしまう為)

顔の塗装&入れ方はマルシルと同様ですので、そちらも参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

ご用意して頂くもの
Mr.カラー…19サンディブラウン・42マホガニー

ガイアカラー…46クリアーブラウン・59サフレスフレッシュピンク・60サフレスフレッシュオレンジ

エナメルカラー…X1ブラック・XF9ハルレッドを1:1で混合

まずは顔からスタート
チルチャック37
目をマスキングしてサフレスオレンジを凹部に

チルチャック39
顔全体フワッと乗せて、一緒に手首も塗装します

チルチャック41
同様にサフレスピンクをば

チルチャック42
先程と同様に顔と手首を一緒に塗ります
最後にほっぺに赤味を足してあげます

マスキングゾルを剥がし、うすめ液をちょっと含ませた面相筆でハミ出た肌色を拭ってクリアーでコート。
完全乾燥までひと息いれます(^-^;)

チルチャック42
クリアー完全乾燥後、顔を入れ始めます
まずはエナメルカラーでまつげから

チルチャック43
まつげラインが決まったら、だいたいでいいので瞳を入れます

チルチャック44
眉毛を入れつつバランスを調整していきます

チルチャック45
出来上がったら前髪パーツをあてがい確認してみます
O.K.でしたら瞳にクリアーブラウンを重ね塗り、クリアーでコートします

私は忘れてしまい完成後に手を加えましたが(^_^;)、口(歯)にホワイト+クリアーブルー(極少量)で色を差してあげると(若干ですが)口元が引き締まるかと思います。
お好みでお試し下さい。

※ここから髪の塗装に入りますが、合わせ目を消さない方は他パーツ同様に塗って頂ければ結構です※
前髪を接着してしまう前に顔パーツをツヤ消しを吹いて仕上げておきます。

チルチャック46
前髪の凹部からマホガニーを吹き付け

チルチャック47
全体にフワッと吹き付けます
(裏側もお忘れなき様…)

チルチャック48

チルチャック49
耳や首をマスキング後、後ろ頭も同様に塗ります

チルチャック50
ここで前髪と頭を接着します。
結構隙間があります…雑なキットでスミマセン(;´Д`)

チルチャック51
シアノンを爪楊枝で差し込み、耐水ペーパー#400~#800で磨きます

髪の塗装に入る前に顔をマスキングテープ(タミヤ製を愛用)で覆います。隙間漏れが怖いので、一番上は太いテープで顔全体を覆ってます。
テープ同士の合わせ目もマスキングゾルでカバーするともう完璧(´ω`)

耳の中等の奥まった箇所はゾルを多めに塗ると、塗装後に千切れずに剥がし易くなります。
もし残った場合は、熱湯を含ませた平筆でコチョコチョしてやると次第に溶けてきます。
(乾燥後も水溶性の「マスギングゾル・改」を使用してます)

チルチャック52
プライマー→クリアーを吹き(サーフェイサー兼)、ムラが出ない様にマホガニーを吹きます

チルチャック53
サンディブラウンを毛先を残す様、全体に乗せます

チルチャック54
クリアーブラウンを重ねます

チルチャック55

チルチャック56
再び頭頂部からグラデーションを掛けてサンディブラウンをフワッと乗せます
(ちょこっとずつ様子を見ながら吹き進めるのがコツかと)
最近のアニメで見掛けるグラデーション処理を参考にしてみました(´ω`)

チルチャック57

チルチャック58
毛先にいくと急激に濃い色合いになる様に…

チルチャック59
襟足は完成後にはマフラーでほぼ見えませんがw

後はクリアーでコートしてからツヤ消しで調整します。
(テカりが若干残る位が一番見栄えが宜しいかと)

手袋も同様にマホガニー&サンディブラウンの後クリアーブラウンの流れです。
チルチャック60

チルチャック61

チルチャック62
マスキングのきわをマホガニーでリタッチします

以上で塗装編は終了です。お疲れ様でした~m(_ _)m
ついで組み立て時に判りづらい箇所をば。

チルチャック63
足首(ブーツ)パーツは凹みがある方が右足(組んだ上側)になります

チルチャック64
首&胴体はちょっと大きめに穴を開けると角度調節し易いかと

チルチャック66
コインは指先に挟み込める程度にちょこっと削って調整して下さい
手首を接着せず、コインは最後に接着&塗装をすると組み易いと思います

チルチャック69
コインに敷くナプキンはキッチンペーパーを約3cm角に切ったもの使います

チルチャック67
大きいビーズはバンズの口をちょこっと削って填めて下さい
(小さいのはそのままで大丈夫です)

チルチャック68
切り口にエポキシ接着剤を詰め込みビーズを接着、硬化後クリアーレッドで塗装し、上からネイル用品を筆塗りしてみました

チルチャック65
チルチャックのお尻(平たい部位)でミミック蓋と真鍮線で固定して下さい

チルチャック70

チルチャック71

チルチャック72

チルチャック73

チルチャック74

チルチャック75

イベント頒布から随分たっての、判りづらいHOW TOでお恥ずかしい限りですが、以上でマルシル・チルチャックのキット補足説明とさせて頂きますm(_ _)m
後は残る2人との格闘で年内はあっと云う間に過ぎ去る予定となっておりますw
(うまくこなせれば)次回は4人揃ってのお披露目が出来るかと。…出来るといいなぁ(^-^;)
2015-10-13(Tue)

チルチャック塗装・中編

今期アニメは「ヤングブラックジャック」がお気に入り…どうアレンジしてもBJはボンカレーの如く変わらぬ旨さです。
(原作(手塚版)でBJ先生、留置場にて曰く「ボンカレーはどう食べてもうまい」)
柳眉でまつげパッチリの美形デザインの為か、OPはもこっちとは大違いの艶っぽさw

そんな今風イケメンなBJ先生を観覧しつつ、やっとこさチルチャックも完成~
予定からえらく引っ張ってスミマセンでしたm(_ _)m

ご用意頂く物
Mr.カラー…19サンディブラウン・42マホガニー・54カーキグリーン・117ライトブルー・137タイヤブラック

ガイアカラー…10ブライトゴールド・33純色シアン・37純色バイオレット・41クリアーレッド・42クリアーオレンジ・クリアーブラウン

まずは手馴らし、小物からスタートです。
 
チルチャック19
マホガニーでポーチ・バンズを塗装。毎度の凹部→全体の手順です(バンズはてっぺんを濃くするとそれっぽくなるかと)

チルチャック20
…で、これまた毎度のサンディブラウン塗り重ね

チルチャック21
クリアーブラウンで皮っぽさ&照りを加えて終了

チルチャック25
次はコイン虫のせんべいをば
ブライトゴールドを筆塗りした後、クリアーレッドを吹くだけ

チルチャック22
続いてせんべいを載せるトレー
マホガニーの細吹きで木目を入れ、クリアーをタップリ吹き重ね
しばらくすると先程の木目がジンワリ溶けてぼやけます

チルチャック23
サンディブラウンを吹き重ねてから…

チルチャック24
クリアーブラウン→クリアーレッドを吹きます

和盆ライクな仕上がりですが、寿司を恋しがるエルフもいる…と云う事で(^_^;)
(そもそもシートを敷くと殆ど見えなくなるし)
サンディブラウンを軽く重ねるとお盆っぽさが薄まるかとw

今度はトレーと同じ手法でミミック(腕)を塗ります。
チルチャック26
タイヤブラックにクリアーブラウンを加えた色で虎縞を入れます
フリーハンドでのその場の思いつきラインです
(作業前に台所でブラックタイガーをジッと見るw)

チルチャック27
通常の角度で吹くと失敗しやすいので…

チルチャック28
ブラシを寝かせ、腹→背へ向かって吹くとやり易いかと
(背に向かうにつれブラシを立て、吹き付け量を増やして濃くします)

チルチャック29
クリアーを吹いて縞を滲ませた後、ライトブルーを吹きます
腹に白い部分を残しておくとそれっぽいかと

チルチャック31
背の部分を中心に純色シアンを吹きます

チルチャック32
最後に純色バイオレットを少々背に吹き、乾燥後、模様部分にクリアーをタップリ吹きテラテラさせてそれっぽく(^_^;)

もし失敗しても、ツールクリーナーにドボンと漬け込み筆洗いすれば簡単にリセットできます。
(全て溶け落ちるのでプライマーから吹き直しになりますが)
…が、あまり何度もやると塗料が染み込んできますので、ドボン(やり直し)は2、3回程までが宜しいかと。

チルチャック30
クリーナー液は新品を使ってます
(使い差しだと真っ白にならないカモ)

ミミック本体・宝箱を塗ります。
凝った塗装をしたい所ですが、そんな知識もセンスも持ち合わせておりませぬ故(T-T)、至って簡単塗装です。

チルチャック33
まずはマホガニーを木目(モールド)に沿って吹き付けます。
左右から線を引く様に吹くのがコツかと。
(完成後に見えない蓋や本体の裏側で試してみて下さい)

チルチャック34
マホガニーを吹いて…

チルチャック35
続いてサンディブラウンを足して吹き…

チルチャック36
クリアーブラウン→クリアーレッドと吹き重ねます

チルチャック37
留め金具部分をガンメタ等、鍵をゴールドで筆塗り
ブラック等で中を塗ったら、シルバー→蛍光ピンクで目を入れます

続いて残った頭に取り掛かりますm(_ _)m
プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR