毎年冬のお楽しみ

冷え込んだと思いきやこの暖かさ。こういう日は指先が死体の如く冷え切らず助かります(^^;

今日は毎年楽しみにしております「薄花少女」単行本の発売日。
毎年冬に刊行される、三浦靖冬先生からの「暮れの元気な贈り物」(古い!)でもありますw

ハッカさん⑤
薄桜色の背景に冬装備のハッカさん
吐く息は白くても暖かそうな表紙です(*´ω`*)

「秘薬で若返ったお手伝いさんと青年の同居生活」という内容の作品でして、見た目は小学生低学年なのに中身は80歳のおばあちゃん…昔さんざん甘えて弱みも知られてたりw

所謂「ロリババア」なるジャンルですが、漫画的キャラ付けが一切無いので一般的なイメージとはかけ離れているかと思われます。
…が、ここが最大の魅力であります。
見た目はお子さまでもれっきとした大人、ふとした時に現れる大人の女性の雰囲気が艶っぽい!

ハッカさん③
ドキッとします

ハッカさん②
凄い…

ハッカさん④
逆にこどもっぽく感じる場面もあったり(´ω`)

ハッカさん⑥
ついついスネて怒っちゃう事も…

ぼっちゃまとの何気ない生活を重ねる中で「ばあや」たるハッカさんの新しい魅力が少しずつ描かれていきます。
今巻では年賀状のお返しや節分、ホワイトデーや庭先での花火…お正月から夏までを収録。
親子でも恋人でもないけど昔馴染みの親しさ…そんな不思議な年の差コンビならではの展開が各エピソードにてグッと来ます。

作画的にもスクリーントーンを一切使わない精緻なタッチはモノトーンな空気を感じ、現代劇ながら昭和レトロの様な趣が。
それゆえの暖かい空気がこの作品最大の特徴です。お好みでしたら是非。

この幸せな時間がいつまでも…と感じつつ、薬の効果ゆえに制限時間もあるかと思うと、新鮮さと懐かしさが織り混じる二人の生活をひとコマひとコマを惜しみつつ楽しんでおります。




ハッカさん⑦
「この作品には登場しないだろう」と思ってた最新デジタル機器が意外にも今巻で登場。
ごく自然にタブレットを使いこなすハッカさん…思わず「コ●ピューターおばあちゃん」を思い出したり(^^;
スポンサーサイト

スッピン吉田さん(後編)

さて前回から1週間、後編が掲載されてるスピリッツ本誌を購読すべく近所のコンビニへ…無い。一冊も置いて無いよ…
今週号は売り切れらしく慌てて書店に走りなんとかセーフ(;´Д`)

アイドル等には全く無知なので判りませんが、グラビアの人物に依って左右されるのかも。ぐぬぬ…表紙の谷間が恨めしい…!

…と云う訳でなんとか購読出来たスピリッツ・トクサツガガガ後編。
期待の秘蔵コレクション部屋こそ登場しませんでしたが、やはり魅力的な吉田さん回でした(*´∀`*)
今回も前回に引き続きいつもには無い台詞回しがあったりと目が離せませんでしたw
以降、未読の方はネタバレ注意!






さっそく始まる駄作上映会、仲村さんからスタートされやはり吉田さんはラスボス扱いオチ要員で最後に回されます(^_^;)
すっぴん吉田さん⑩
タダでさえハイレベルな吉田さんに地形効果まで付与されたのだから…勝てる訳が無いw

しかし仲村さんやドルオタ組の北代さん&みやびさん二人のネタもなかなかのアレっぷりw
例の如く特オタ二人の自虐的黄昏れシーンもあります(^_^;)
すっぴん吉田さん⑭
テンプレで使えそうな感じです

そしていよいよラスボスの登場…ですが…

すっぴん吉田さん⑪
仲村さんはともかく、北代さんまでが吉田さんにキレる!( ゜Д゜)

「友達の友達」といったちょっと遠慮ある関係だった吉田さんと北代さんも随分仲良くなってる様子にグッときます!
もはやロッカールームで仲村さんが怯えてた頃が懐かしい(´ω`)
策士・吉田さん二段構えのネタ振りにいったん休憩と相成りますがここで例の「いい笑顔」が!

すっぴん吉田さん⑫
これな!この笑顔とほっぺのクリクリ!完全に危険フラグですw

今までもこの描写があった直後に仲村さんは驚愕するハメに…(^_^;)

すっぴん吉田さん⑯
第54話

すっぴん吉田さん⑰
第62話

午前2時を回りみやびさんが寝落ち、皆も仮眠を取っての再戦、布団を敷き枕を並べてまるで修学旅行状態(´ω`)
仲村さんも実は友人宅へのお泊まりは初体験とか。

すっぴん吉田さん⑬
枕を並べてにこやかな二人(*´∀`*)
以前紹介しました同人誌版の仲村さんなら夢みる様なシチュですw

…もう今週はこの1コマの為だけに350円払ったと云っても過言ではありますまい!満足❤

そして仮眠を終えて吉田さんの推しネタ後半となるのですが…
すっぴん吉田さん⑮
実は前半でこんなネタ振りがありまして(^_^;)

やはり今回も必殺技の「上げ落とし」が炸裂する吉田さん!
みやびさんも突っ込まざるを得ない展開には仲村さんも「はなれ技すぎるだろ…」と観念するほかなく上映会終了w

今回は黒吉田・黄昏れ姿・クリクリほっぺ・百合2ショット・ぼさぼさ髪やつれ顔…と盛り沢山の豊かな表情!
いや~満足満足!二週に渡っての吉田スペシャルはX'masプレゼントとお年玉を一緒に頂いた気分であります(*´∀`*)

すっぴん吉田さん⑱
来年もトクサツガガガと吉田さんの快進撃を祈るのみであります
…あぁ~、アニメ化してくれないかなぁ…動いて喋る吉田さん…(´ω`)


今回より「ガンプラのある日常と、」さんとリンク頂きました。
地元グルメ&プラモデルの組み合わせという2色パンの様なお得で美味しいブログ(´ω`)
北海道の名店&珍味を紹介するAパートは飯テロでもあるので深夜の観覧はオススメ致しかねますw
ガンプラブーム当時の旧作も見事に仕上げるBパートはついキットを手に取りたくなる魔力が…
ご家族に囲まれプラモを堪能されるテツ(8641FS)さんの、"ガンプラ少年のあがりw"たるお姿を拝見できます(*´∀`*)

スッピン吉田さん(前編)

今年も残り一ヶ月を残すのみに。WFディーラーとしてはそろそろケツに火が灯り始める時期かと思われます(^_^;)
しかし今年は暖かくいい陽気が続きまして(中部圏)嬉しい限り。粘土をコネる指先も軽やかです。

そんな陽気もお尻も暖かい中、心も暖かくなりましたのが今週の「トクサツガガガ」(著:丹羽庭)、第88話"お泊まり女子会❤"。

お疲れ様な帰宅後の仲村さんの楽しみのひとつが吉田さんとの楽しい通話タイム。
吉田さん宅ではおばあちゃんがお風呂上がりだったりと、キャラクターの生活リズムを感じる描写も魅力的です。
すっぴん吉田さん⑧
第62話
すっぴん吉田さん⑨
第67話

…となれば次第に気になりますのが吉田さんの"普段着"姿。
家族や近しい者のみ知り得るオフショット、云わば「精神的ヌードシーン」とでも申しましょうか(^^;
(物理的な肌色ならば温泉ヒーローショー回とか期待!)

以降ネタバレ注意!未読の方はご注意下さい






タイトル通り、今週は吉田家にて仲村さん一行が上映会を楽しむ展開ですが、例の如く夜のリラックスタイムの通話シーンが秀逸かつ、先程のオフショットたるサービスシーンですw

すっぴん吉田さん②
ここまでくだけた会話が出来る関係に( ´∀`)
1巻を再読すると驚く程に変貌した二人の距離感。素晴らしい…

すっぴん吉田さん①
二人揃ってスウェットやパーカー等、室内着でのリラックスモード
(なにげにレアな吉田さんのオデコが❤)
男性キャラでは少ないオンオフの描き分けがあるのが女性キャラならではの魅力

すっぴん吉田さん③
漫画ではなかなか表現が難しいと思われますスッピン顔
(髪留め+スウェット+コタツ+アイスのグダグダぶりで自然とスッピンに見えてくる?)

すっぴん吉田さん④
ノーメイクでも鮮やかな太眉が愛らしいです(*´∀`*)

すっぴん吉田さん⑤
しかしいざ本題となれば「鬼軍曹」としての顔も出たり

すっぴん吉田さん⑥
家族での子供っぽい顔が垣間見えたりと、いつもの吉田さんには無い新たな魅力を発揮!
(この実家暮らしのひとりっ子感が実にいい!)

都心のワンルーム暮らしの仲村さんとは正反対、駅から離れたさびれた郊外の実家(でも広々)の吉田さん。
故に学生時代から友人を招く事も叶わず、初めての友人の来訪にお母さんおばあちゃん揃ってソワソワしちゃたりw
かなり可愛がられてると思われる様子が堪りませんでした(*´∀`*)

いつもの理論派ではないグダグダな自宅モードを拝める貴重な回、後半の展開も楽しみです。
すっぴん吉田さん⑦
ますます魅力が増していく吉田さん…う~ん可愛いなぁ!

第66話での描写があったので、ダゴンくんとかポコポコ置いてあるのを期待してたのですが見当たらず…次週は私室&吉田コレクションの登場に期待です。品揃え凄そうな予感(^^;


今回から「浅く温い沼」さんにリンク頂きました。
フィギュアを撮影にて新旧凹凸問わず楽しまれるブログで、発売時期に囚われず様々なキャラを美麗な写真でアップ。
「最近の完成品スゲェ!」「ああ~あの頃こんなキャラ出てたよね~!」とアルバム気分で楽しめます( ´∀`)
ジョン・ディーさんは私同様、吉田久美ファンクラブ(架空)在籍のガガガファンでもありますw

新コーナー追加

本当にもうすぐ11月になるのか?と疑いたくなる様な陽気ですが、なにかとやりやすい今の内に片付けてしまおうと思いましたのが棚からあふれた「積み漫画」。

以前から手頃なサイズ&価格の品は無いものかと物色しておりましたが、たかだか漫画を収納するのにそんな大層な品は要らないとは云え、カラーボックスでは正直あまり役に立ちません。
そんな折、過日ホームセンターにて新たに入荷しておりました品がピッタリで購入。

本棚①
高さ90cm×幅60cmほどのサイズ
これでお値段2000円ならお買い得かと思われます(´ω`)

本棚②
組み立ててみますとこんな感じに
購入量が一番多いB6版青年コミックスに丁度合うサイズです

さっそくいそいそとコミックスを詰め込んでみます。
こういう作業は大好きでして、書店でも違う箇所に差し込んであるコミックスを見ると気になってしまいますw

どうせなら見栄え良くシリーズで並べてみたいと思い、背表紙が一番揃ってるシリーズを集めてみると…

本棚③
一瞬で秋田書店チャンピオンコーナーになってしまいました…( ゜Д゜)
(友人に貸し出し中の物もある為「もっと!」を詰め込んでおります)

ジャンプ・サンデー系がほとんど無いのは判ってましたが、知らぬ間にヒゲハットがこんなに勢力拡大していたとはw
近年のチャンピオン誌は思いの外お気に入りタイトルが増えている事が判明しました。
学生時代はほとんど読んでなかったのになぁ…(^_^;)

そこでついでにチャンピオン作品のフィギュアを並べてみたり。
本棚④
トシちゃん&きんどーさんとか月影アイちゃん、「床から出てきてクッキー喰って罠にかかる子」とかも飾りたい(´ω`)

これで「積み」も片付いたとは云え、まだ少々残っているので年内にはスッキリさせたいと思う所存。
(毎回選別する時は身を切る辛さも感じつつ取捨選択を繰り返しておりますが…)
デジタルも便利ですがやはり紙の本が一番楽しいです(*´∀`*)


今回より「キャラクターフィギュア制作所@福岡・博多」さんにリンク頂きました。
80'sアニメモデルをメインに制作されてますヒロさんのページ。
過日開催されましたC3にて出品されたチャムファウ、その完成への苦難の道のりもこちらで拝見可能。
一度作った物をすぐさま作り直す(!)溢れるキャラ愛が素敵です(´ω`)

ガガガハマッてます

出来たはいいけど、やっぱり髪色が気になる要くん。友人からも「ちょっと明る過ぎない?」と的確なツッコミが入りました(^_^;)
(実物はもっと暗いんですが赤毛具合は変わらないので…あとセーラー服の青味が写真だと飛んでますね)

そんな感じで色合いを迷いつつ月末の楽しみでもあります書店チェックへGo!
とりあえず「トクサツガガガ」8巻と「異世界食堂」3巻(祝アニメ化!)を購入~これで溜まりに溜まっておりましたスピリッツを処分できる!

ガガガ8巻もカバー裏漫画は健在、素人にはなかなか意外な怪獣モノのネタが描かれてました。
でも確かにあんなデカイ物、やっつけた後はどうするのかは気になりますね(^_^;)
(その点もシンゴジラは意外な展開だったなぁ…!)

しかし今回、連載時から密かにカバー裏漫画で期待しておりましたネタがこちら。

ガガガ8巻④
…見たい。凄い見たい。仲村さんには悪いけど(*´∀`*)

"男の子的フェチズム"って云うのでしょうか、「複雑怪奇なメカ」や「ドリル」「キャタピラ」とか、子供心を掴むツボとなるアイテムが仲村さんは何だったのか、すっごい気になっておりまして。
(作中の思い出話からすると「重装甲」でしょうか?)

あとはやはり仲村さんの百面相w
美人なのに「澄ました美人顔」がこんなに少ない漫画ヒロインってのも珍しい様な…(^_^;)

ガガガ8巻①
バリバリやったり…
ガガガ8巻②
ふてくされた様に苦み走ったり…
決して女性っぽくはないけど、こういう表情がとても魅力的❤(*´∀`*)

ガガガ8巻③
今巻は表紙からしてコレですからw

ストレートに感情を出す仲村さんとちょっとお姉さん的な吉田さんとのコンビは、出会うべくして出会った感じの組み合わせだなぁ…とホッコリする程です(´ω`)

ガガガ同人誌
このコンビが好き過ぎて同人誌(著:ハイパーケトルイエスタデイ様)まで購読(とらのあな通販にて購読可能)
よもやこんな本が出るとは…同じファンとして嬉し過ぎる!

いつもは1回フィギュアとして欲望を出力すると少しは落ち着くのですが、未だ冷めやらぬアツアツのガガガ熱。
…こりゃあやっぱり吉田さんと対をなす、仲村さんフィギュアを作らにゃならんかなぁ~(^_^;)
プロフィール

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR