スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要くんとけつ顔衆 その3

さてさて、あとはズラリと並んだけつ顔衆を残すのみとなりました。
一度に進めるも良し、一体ずつチョコチョコ作るも良し、お好みで楽しんで下さいm(_ _)m

<使用カラーレシピ>
Mr.カラー…02ブラック、08シルバー42マホガニー、117RLM76ライトブルー、326ブルーFS15044、クリアー&ツヤ消しクリアー

ガイアカラー…034純色マゼンタ

バーチャロンカラー…01ウォームホワイト、03ビビッドオレンジ、17ストームパープルピンク、20ストームブラックブルー、29萌葱ライトグリーン、35セルリアンブルー

モデルカステンカラー…C-11サフレスフレッシュ・リアルカラー、C-12粘膜カラー

タミヤエナメルカラー…X-1ブラックとXF-9ハルレッドを一瓶ずつ混ぜた色

今回使用しましたバーチャロンカラー、ずいぶん前に購入しました品でして現在は店頭に無いモノもあるかも知れません。
大体の目安として参考にして頂けたならば幸いですm(_ _)m
(アクリルガッシュ等で気軽に筆塗りで楽しんで頂くのもよろしいかと)

要制作41
まずは肌の部分となる部位にマスキングゾルを塗ります
(スズシロを除く)

要制作42
勿論、丁寧にマスキングテープで作業して頂いても構いません
(たぶんこっちの方が綺麗な仕上がりになるかと…)

要制作43
最初は唯一の褐色肌のスズシロからスタート
他のキャラとは逆に肌以外をマスキングします

要制作44
マホガニーを軽く吹きます
ここで褐色具合が決まりますので、お好みの濃さに調節して下さい

要制作45
サフレスフレッシュ・リアルカラーと粘膜カラーを吹き重ねて色味を加えます

要制作46
マスキングゾルを剥がして…

要制作47
はみ出した部分をうすめ液をちょこっと含ませた面相筆で拭い取ってから、クリアーでコート
クリアーが乾いたらエナメルカラーで目を入れ、乾燥後に再度クリアーで閉じこめました

要制作48
クリアーが乾いたら今度は肌部分をマスキング、髪等を塗装します
髪以外は筆でチョコチョコ塗装、白い部分は無塗装で地の色を活かしました
髪…ストームパープルピンク
リボン…純色マゼンタ
貞操帯…シルバー&ブラック

要制作49
ツヤ消しを吹いてからゾルを剥がして顔を描きます

続いてソヨゴ
要制作50
髪とネクタイをセルリアンブルーで塗装します

要制作51
ネクタイをマスキング、コルセットをウォームホワイトで塗装します
スカート部分の裾の白ライン部分にマスキングテープを貼ります

要制作52
コルセットをマスキングしたらMr.カラー326でスカート/手袋/ニーソを塗装
ツヤ消しを吹いてからマスキングゾルを剥がし、顔を描いて完成です

要制作53
バイブのスイッチは茶色や黄土色系と金色を筆塗りしました

要制作54
スイッチは1mm真鍮線で接続、貞操帯は裏の凹んだ部分を手と合わせて接着して下さい
ベース固定用にスズシロは右足/ソヨゴは左足に1mm真鍮線を差し込む穴を開けて下さい

ウツギはスズシロと逆の方法で服だけ塗装します。
要制作57
髪…RLMライトブルー
衣装…ストームブラックブルー
ベース固定用に左右どちらかの足に1mm真鍮線を差す穴を開けて下さい

要制作55
付属の黒い厚紙にけつ顔と「ひわい」の文字を書き込んで、丸く切り取って下さい

要制作56
2mmプラ棒とはエポキシ接着剤で接着しました

今度はプレーンと緊縛少年の二人です。

まずはプレーンから
要制作58
髪…ウォームホワイト
羽根…セルリアンブルー
頭はツヤ消しを吹いてからゾルを剥がします

今度は緊縛少年
要制作64
あらかじめ頭のてっぺんに3mmの穴を開けて下さい
後にベースと付属の透明プラ棒で接続します

要制作59
髪と学生服…ストームブラックブルーで塗装後、縄をシルバーで筆塗りして赤を塗りやすくします

要制作60
赤系で縄を黄土色系でボタンを筆塗り後、ツヤ消しを吹いたらゾルを剥がして顔を描きます
お好みでほっぺに赤丸を入れて下さい
ほっぺ…ゾルで丸くマスキング後、サフレスフレッシュピンクをちょこっと吹き付け

要制作61
爪楊枝の先で指した箇所に1mm真鍮線を差し込む穴を開けて下さい

要制作62
二体を繋げます真鍮線に赤い木綿糸を巻き付けて縄っぽさを加えます

要制作63
縛ったはしっこだけ瞬着で固定したらクルクルと巻き付けて…

要制作69
最後だけ再び瞬着で固定します

要制作65
3mm透明プラ棒でベースと接続して下さい

要制作66
こんな感じで真鍮線を挿してます

要制作67
プレーンの手元はこんな感じ

要制作68
繋げると要くんの肩あたりの高さになります

次は最後に残った和装の二人、けつ顔墨染と白泉です。

まずは例の如く塗装を済ませます
要制作70
墨染
あらかじめかんざしを刺す箇所に1mmの穴を開けて下さい
髪…ブルーFS15044 
帯…ビビッドオレンジ
髪留めはシルバーの上から黄色系を、かんざしはシルバーとピンク系を筆塗りしました

白泉
髪…白に赤系の色をちょこっと混ぜた薄い桃色
帯…萌葱ライトグリーン
塗装が終わったらツヤ消しを吹きますが、手と足の先には吹かない様にします
(後ほどクリアーを筆で塗り直す方法でもオッケイです)

いよいよ問題の着物柄です。
今回、千代紙をチマチマ貼り付ける…という非常に原始的な方法を取りました。
(勿論、丁寧に塗装で仕上げて頂ければ格段に綺麗な仕上がりになるかと思います)
・お好みの柄の千代紙(紙質がツルツルではない繊維状のもの)
・水で溶いた木工用ボンド
・エポキシ接着剤
…をご用意下さい。

要制作71
細切れにした千代紙をエポキシ接着剤を塗ったパーツに貼り付けた後
上から水で溶いた木工用ボンドを筆で塗り重ねます

要制作72
水分で肩口等の角になる部分も萎れてきますので、爪先やヘラでギュッと押しつけてクセを付けます
溶いた木工用ボンドが硬化するとそのまま固まります

要制作73
手と足の先っぽには綺麗に接着できなかったので、他キャラと同じく素肌としました

要制作74
白泉の左足に1mm真鍮線を差し込む穴を開けて完成です
(墨染はだっこさせるので開けませんでしたがお好みでどうぞ)


大変お疲れ様でした!!
作りづらいキットに根気よくお付き合い頂きましてありがとうございました。
以上で全て完成となります。後はお好みの各種ベースに飾って楽しまれて下さいm(_ _)m

スポンサーサイト

要くんとけつ顔衆 その2

寒さもだいぶ遠のいて来たと思ったら次に攻めて来ますのが花粉症。どちらを向いても皆さん鼻が辛そうです。

そんな感じで私もティッシュ箱を小脇に今回は要くんの胴体(セーラー服)に取り掛かります。

<使用カラーレシピ>
Mr.カラー…326番ブルーFS15044 108番キャラクターレッド
ガイアカラー…037番純色バイオレット

要制作31
写真は肌色塗装前で前後しますが、まずは襟元と袖口の白線部分にマスキングテープを貼ります
(間違えてスカーフ部分にゾル塗ってますがご愛敬で…)

要制作32
お好みの太さにして頂ければ良いですが、今回は0.4mm幅を使用しました

要制作33
首回りとお腹に塗ったマスキングゾルが乾いたらスカーフの赤からスタート
奥まった部分や角から吹き付けます

要制作34
襟元も同様に塗ってこんな感じに
ホントは襟元もマスキングした方が良いのですが「どうせ濃い色塗り重ねちゃうし…」とサボりました(^_^;)

次にいよいよセーラー服本体を塗装します。
通称「スク水カラー」Mr.カラー326番を使用しました。

要制作35
例の如く凹んだ部分から

要制作36

要制作37
スカートや腕も同様に…

要制作38
肌色の時と同じく全体にフワッと少しずつ乗せます

要制作39
単色だと寂しいので純色バイオレットを軽く重ねて色味を加えます
(お好みで青や黒系に振るのも宜しいかと)

要制作40
マスキングを剥がして塗り漏らしをリタッチしたら、全体にクリアーを掛けてセーブ
ある程度色剥げ防止にもなりますので、角になる部分にも丁寧に吹いております
乾燥後、つや消しを吹いて仕上げます

続いてこのキット最大のチャームポイント、けつ顔衆に取り掛かります。

要くんとけつ顔衆 その1

冬のWFが終わってもうすぐひと月、日が暮れてもあまり冷え込まない季節になってきました。
湿気もなく模型に向いてる季節かと…私もサンプル再度製作中であります。

やるやると云ってなかなかアップしておりませなんだ要くん制作工程、本日第一弾をお届けします。
途中どえりゃ~見づらい写真も多々ございますが参考になりましたら幸いですm(_ _)m

下準備(カテゴリ「下準備」参照)を終えましたら、真鍮線等を通して仮組みをして各パーツの取り付け角度等を確認して下さい。
組み立て的には前後スカートパーツを先に接着、合わせ目をシアノン等各種パテで埋めて頂ければ後は塗装後で大丈夫です。
要制作30
下半身にカポッと被せられる様、この2パーツだけプライマーを吹く前に接着して下さい

<使用カラーレシピ>
Mr.カラー…02ブラック 42マホガニー 182ツヤ消しクリアー GX100スーパークリアーⅢ
(各種クリアーは現在もっと良い新製品がありますのでそちらをオススメします)

ガイアカラー…59サフレスフレッシュピンク 60サフレスフレッシュオレンジ 43クリアーブラック 46クリアーブラウン
モデルカステンカラー…C-11サフレスフレッシュ・リアルカラー C-12粘膜クリアー
タミヤエナメルカラー…X-1ブラックとXF-9ハルレッドを一瓶ずつ混ぜた色
ガイアノーツエナメルカラー…04マゼンタ

それでは塗装スタート。
まずは一番気になる肌色部分からです。

要制作3
顔は目だけ軽くマスキング
白目に肌色が付いても簡単に拭き取れますので、真ん中あたりにチョンとマスキングゾルを載せる位です

いよいよ着色、手慣らしにまずは足から手を付けます
今回はしっとりした肌色がいいなぁ…と、サフレスフレッシュ・リアルカラーと粘膜クリアーをメインに使ってみました。
味付けにサフレス フレッシュオレンジ、同ピンクをば。

要制作9
肌色系の吹き付け時の濃度はこの位でやってます…ほぼスケスケ

要制作4

要制作5
サフレスフレッシュ・リアルカラーを凹み部分に吹き付けます

要制作6
顔は瞼/唇の下/耳の中の部分にちょこっと吹きました

要制作7
続けて全体にフワッと色を乗せます

同じ要領で粘膜クリアーを吹き付けます
その後、お好みでサフレスフレッシュオレンジ、同ピンクを吹き重ねて黄色味&赤味を加えて下さい

要制作8
写真ではほぼ変わりませんが、こんな感じになりました

要制作10
白目や口内に付いた不要な肌色を、うすめ液をちょこっと含ませた面相筆で拭い取ったら、乾燥後にクリアーでコートします

要制作11
クリアーがしっかり乾いたら顔を入れ始めます
昔から愛用のエナメルカラーのブラックとハルレッドを1本ずつ混ぜた焦げ茶色

要制作12
睫毛を描いたら二重を描いて…

要制作13
瞳の位置を決めたら…

要制作14
彩色は今回新色のガイアノーツ製エナメルカラー・マゼンタを使用
今までには無かったピッタリの色合いで嬉しいカラーです(*´∀`*)
ハイライトは不要部分を拭って下地のレジンの色を出してます

要制作15
続いて眉毛
最初はだいたいの位置と角度で

要制作16
うすめ液をちょこっと含ませた筆先で不要部分を削る様に拭って形出し

要制作17
両目を入れてこんな塩梅です
しっかり乾燥してからクリアーでコートします
(あまりシャビシャビに薄いと瞳が溶けちゃうのでご注意をば)

要制作18
ちなみにツヤ消しを吹いた後、目元にパステルを擦り付けると雰囲気あるかも…お好みでどうぞ
(ちょこっとエナメル溶剤を含めた綿棒で拭き取れます)

ちょっと痛々しいですが歯にピンバイスで1mmの穴を開け、0.8mm真鍮線を白く塗って差し込んで飴の棒を咥えさせます。

クリアー乾燥待ちの間、舞台は再び下半身へ…
肌色塗装と同じ要領でストッキングの色を重ねます。

要制作19
マホガニーを凹部へ細吹き

要制作20
膝やふくらはぎ等凸部は透ける様に全体に軽く載せて…

要制作21
同様にクリアーブラウンを全体に重ね吹き

要制作22
写真では(略)、クリアーブラックを重ねてこんな塩梅に

要制作23
ここで完成でも良かったのですが、1巻イラストを見て「もうちょっと濃い方がいいかなぁ…」と思い、再度マホガニーに適当なグレーを少々加えた色をちょこっと重ねてみました
(ついでに太ももの帯状部分も濃くしました)

要制作29
今回、下半身はこちらのイラストをイメージして塗りました
1巻表紙イラストの耳を出してない要くんって、墨染との中間って感じで趣深いですね

コートしたクリアーが乾いたら靴に取り掛かります。
靴とのキワはマスキングゾル、ゾルが乾いたら上をマスキングテープでガード。

要制作24
先程同様凹部→全体とマホガニーを吹いたら…

要制作25
同じく黒を重ねて…

要制作26
純色バイオレットをちょこっと重ねて色味を加えました

マスキングを剥がしてはみ出し部分&塗り残しをリタッチした後、クリアーでコートします。

要制作27
靴のクリアーが乾いたらストッキング部にツヤ消しを吹いて肌色系パーツ完成~!お疲れ様でした( ´ω` )

次回はセーラー服の予定ですm(_ _)m

あったかフィギュア

2018 WF冬 肉まん要くん(同人誌「要」シリーズより)

前作のセーラー服姿と対になる男子制服姿を隣に…という思いから作ってみました。
作中にて学校生活では年相応の少年っぽさを感じまして、その魅力を表現出来たらと思い、下校中に彼氏(?)のおっさん氏と会ってる感じのイメージです。

肉まん要くん1
昨年のヤドクガエル先生のカレンダーイラストを参考にポーズ付け
下手なのに不自然に前を開けてディテールを増やしてみたり

肉まん要くん2
今回一番難儀しましたのが通学バッグのひも
キットでもご苦労をお掛けする箇所かと…スミマセン

肉まん要くん3
模型映えするかと袖を捲って色味を増やしてみました

肉まん要くん4
モコモコしたのは吐息パーツ
気泡を噛んでなかなか綺麗なパーツが取れませんでした

肉まん要くん6
制作時見掛けたハート型肉まんを参考にしましたけつ顔まん
何気なくおっさん氏に渡されてドキッと照れてるイメージです

肉まん要くん7
通学バッグに下げてるけつ顔人形
白~ゴールド、お好みの色にして頂ければ…と思っております

肉まん要くん5
マフラーとスラックスのチェック柄は手描きです
顔を描く時より圧倒的に時間が掛かりましたが、次第に柄になっていくのが楽しかったです

前作では鋭い目つきでしたので、今作では可愛らしさを出そうと思っておりましたら幾分幼い感じに…
(おまけに同スケールなのにちょっと小さくなってしまいました)
初めての純然たる男子フィギュア、特にスラックスは造形も彩色も楽しかった部分でした。
(厚着の割りにはパーツ数も少なく、キットもほぼ順調に制作できました)
経験値を上げてまた挑んでみたいジャンルであります。


<ねんどろいど版>
ねんどろ肉まん1
新規パーツの胴体は長門(消失版)のコートを流用しました

ねんどろ肉まん2
通学バッグ&肉まんと左腕の一部を作り足しました

ねんどろ肉まん3
微笑み顔なのでこちらは普通の肉まんで

ねんどろ肉まん4
焼き固める際にコートの裾が変形してしまい、スカルピーを盛り付けて修正したり…
(せっかくのねんどろなのに遊び要素が全く無い!)

制作時の資料として丁寧に実物のコートのお写真まで送って頂きまして、ヤドクガエル先生には何とお礼を申し上げたらよいのやら…
2作品に渡り色々と本当にありがとうございました!
 

お疲れ様&ありがとうございました

WF冬も終了してディーラー的にはホッとひと息の季節に。参加された方お疲れ様でした~お立ち寄り頂けた方ありがとうございました!

今回も例の如く親しい方との半年振りの交流で一日が終わりました。
いつもお世話になっております「Q」Qさん&たまよしさん、「祈りサマ」イノリサマさんには毎度長話に付き合って頂き、ありがたいやら申し訳ないやら。
双方共に開幕直後から好評でたちまち完売とか。う~ん、やはり実力派の朝は忙しそう。

そんな実力派とはうって変わって相変わらずノンビリした結晶洞窟、今回は要くんオンリーの「ヤドクガエル祭り」!
男の娘に全振りのステータスで戦いに挑みました。
年齢性別国籍問わずで色んな方々に足をお運び頂けましたか、なにより驚いたのは作者のヤドクガエル先生のご来場!

「直接WF会場をご覧頂けたらなぁ~」と思った事はあるけれど、よもやのよもや、緊張して頭が全然回らない…
普段は図々しく誰とでも話すのに、こういう時は頭まっちろ。

気の利いた作品感想なんてとてもお伝え出来ず、「ありがとうございますー!」の嬉しさと「なんと申し上げたら…」の申し訳なさが同時にMAX。
…ともあれ、愚卓の様子を直接ご覧頂け出品者としては望外の喜び。
サインまで頂きまして早速展示、お客様にもご覧になって頂けました。
ヤドクガエル先生、遠くまでいらして頂きありがとうございました&初のWFお疲れ様でした!

サイン1
リクエストさせて頂きました直筆けつ顔要くん
お出ししたのが細いサインペンにも関わらずありがとうございました
(もしもの機会にとWF荷物箱に長年ずっと忍ばせてた色紙…遂に出番が!)

サイン2
愚作に合わせけつ顔墨染&白泉も…!
日付入りでずっと忘れえぬ思い出のWFとなりました(。´Д⊂)感涙


そして今回もう1つひっそり出品してましたのがFC版「メルヘンヴェール」湖の国の王子。
作りかけの原型展示でしたが、これが意外にご好評頂けましてこちらもビックリ!
海外の方も「もりけん!」と王子&キャラデザのもりけん先生をご存知の様子。
こちらは一定の年齢層の方に喜ばれまして、アラフォー殺し(笑)として確実なる手応えを感じ取りました。
夏に向けて頑張ろうと思っております( ´∀`)


<戦利品>
「妖精の箱庭」さんの“新貝田鉄也郎先生のマスコットキャラ”
戦利品1
今回はコレが欲しくて東京行った様なもんですw
原型制作のいとやんさんと新貝田作品について盛り上がれたのもシヤワセ(*´ω`*)

「タチキタプリント」さんの“ダンジョン飯メタルフィギュア”&“ゴーレム畑の新鮮野菜ランチ”
戦利品2

戦利品3
前回頂いた料理&モンスターに続いてメイン4人組を頂きました
ルーペ無しには味わう事すら不可能な極小精密モールド…
本職を活かした化粧箱仕様はもう企業ブースレベルです

戦利品4
そしてこちらはレジン製ゴーレム2体セット
頭に残ったキャベツが可愛い逸品です( ´∀`)

そして「祈りサマ」さんの“閻魔あい着物ver”
戦利品5
速攻完売の大人気キットを惜し気もなく!
複雑な黒髪の繊細さと振袖のボリューム感を同時に味わえる名作
…さぁて、5期が始まったら今度はどんなキットになるのかなw

戦利品6
最後に「Q」さんのミニめぐみん
こちらもあっという間に完売の人気キット
帰宅後実際にパーツを見るとどえりゃあ小っこいわ丁寧だわ!
…ワテこんなんよう削らせんわ…((((;゜Д゜)))

WF翌日はパーツチェックの名の下、お茶を片手にジックリ眺めまわしておりました。
お邪魔させて頂きましたディーラー様、ありがとうございました!
プロフィール

幼師人

Author:幼師人
(ようぐると)

WFディーラー『結晶洞窟』の備品
(2009迄『あんきも』の在庫)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。